「青年よ大志を抱け」につづく言葉

青年よ大志を抱け!

青年よ大志を抱け

札幌農学校(現・北海道大学)のクラーク博士が日本を離れていくときに残していった有名な言葉です。

違う言葉で表現すると、
「夢はでっかく描け」
とでも言いましょうか。

あのメジャーリーガー、イチロー選手や、プロゴルファー、石川遼選手も、小さい頃からでっかい夢を描いていました。

以下、二人のアスリートの小学校卒業文集です。

『夢』 鈴木一朗

イチロー 262のメッセージ

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。活躍できるようになるには、練習が必要です。

ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。
だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。

ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。

ぼくがじしんのあるのは、投手と打げきです。
去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ-1投手とかくしんできるほどです。

打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ-ムランを3本打ちました。そして、全体を通して打りつは5割8分3りんでした。このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした。そして、ぼくたちは1年間まけ知らずで野球ができました。だから、このちょうしで、これからもがんばります。

そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

 

『将来の自分』 石川遼

プロゴルファー石川遼―夢をかなえる道 急がば回るな

二年後……中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後……中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後……高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後……高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。
八年後……二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

これを目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。でもぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍一生懸命練習をやらないとだめです。ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば……」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学生の部)」で優勝したいです。

今は優勝とかは関係ありません。中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。高校生で試合で優勝すると、外国に招待してくれます。その試合で世界から注目される選手になりたいです。

ぼくは勝てない試合には今は出ません。

ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

小学校卒業は、年齢で言えば12歳。
このころ自分はどうだっただろう?って考えると。。。うーむ。

ま、それはいいとして、

息子よ大志を抱け!腕白でもいいたくましく育って欲しい!

奇しくも今日、田舎の長男から電話があり、
「お父さん、ボク、野球がやりたい!」
と言ったのです!

私は静かに、
「そうか!お父さんは応援するゾ!」
と答えました。

まだ小学二年生なので、最初はまだお遊びかも知れませんが、
もし
「プロ野球選手になりたい!」
とか
「メジャーリーガーになりたい!」
とか言うようになったら、全面的に応援してやろうと思っています。

ところで、
ご存じの方は多いと思いますが、

「青年よ、大志を抱け!」
には続きの言葉があります。

以下、全文です。

青年よ、大志を抱け!
それは金銭に対してでも、
自己の利益に対してでもなく、
また世の人間が名声と呼ぶ
あのむなしいものに対してでもない。
人間が人間として備えていなければならぬ、
あらゆることをなし遂げるために大志を抱け。

【原文】

Boys, be ambitious!
Be ambitious not for money or for selfish aggrandizement, not for that evanescent thing that men call fame.
But be ambitious for the attainment of all that a man ought to be.

「自己中心的な利益や金銭のためではなく、人間として正しい道を修めなければならない」という意味が、「青年よ、大志を抱け!」の後に続いていたのです。

どんなに成功しても、どれだけ夢を叶えたとしても、人格を備えていなければ、真の成功とは言えません。

人の成長とは、成人するまでは身体的成長もありますが、最も重要なのは、心の成長。

心の成長とは、如何に豊かな心を育てるかということです。

その心の豊かさは、「7つの豊かさ・その7【心】」でも紹介しましたが、「人格」「愛情」「精神」の三方面から見ることができます。

大志を抱き、人格を備え、愛情深く、そして強い精神力を養いながら人生を歩んでいくならば、必ずその大志は成るものだと思います。

それを息子にも伝えていきたいし、私自身も年齢に関係なく、心に秘めた大志を成すために、イチロー選手や石川遼選手に負けないくらいの気合いで頑張っていこうと密かに決意をしている次第です。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ  ポチッと!

 

2 thoughts on “「青年よ大志を抱け」につづく言葉

  1. サナギさんの大志が伝わってきそうなブログですね。
    一郎選手も遼君も「才能があったんだなぁ」とか「環境が恵まれてたからなぁ」という人もありますが、スポーツ選手にかかわらず、大きなことをやってのける人は、その夢を子供の頃から持ち続け、人の何倍も努力し続け、想像できないような苦労の下積みを黙々と越えた人たちだと思います。いくら立派な志でも思いつきのようなものだったり人を頼ったりでは成就は難しいです。
    自分の志は何だろう・・と思った時に、大きくなくてもいい、カッコよくなくてもいい、小さくても自分らしく良心に恥じないもの・・・と改めて考えました。「人生に遅いということはない」と自分を励ましつつ(^^)

    1. やはり、子供の夢って、親やその環境が大事だなぁと感じます。
      イチロー選手も遼くんもやはり親が整備した環境がないと才能だけであそこまで行くことはできなかったでしょうね。
      でも、おっしゃる通り、「人生に遅いということはない」と思います。
      つまり、小さい頃から夢や環境がなくても、それに自ら気付き、
      夢を持つこと、これが新たな人生のスタートかも知れません、たとえそれが何歳であろうとも。
      最初は小さな志や夢でいいと思います。人それぞれですから。
      ただ、その夢に向かって動き出すかどうか!なんですよね。
      私も日夜自分を励ましつつ夢に向かって前進していこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。