気=エネルギー:病気でなければ健康か?

ここ数日、けっこう肌寒い日が続いています。
まさに梅雨寒って感じですね。

そうこうしているうちに6月。

このサナギ・ブログ、結局5月は2回しか更新しなかったってことになります。

ま、その分、仕事をがんばったってことで、6月も前向きに、いや前のめりに行きたいと思います。

さて、今日のタイトルは、「気=エネルギー:病気でなければ健康か」です。

以前の投稿「母からもらった贈り物(Gift)」でB型肝炎闘病中だということを投稿しましたが、本人は闘病とは思っておらず、ほとんど健常者と変わらない生活をしています。

肝炎という病気は、疲れやすいということをよく聞きます。
確かにそれはあります。

でも、私は「肝炎=疲れやすい」と結びつけることはしません。

疲れているのは、一生懸命仕事をしたから!と思うのが習慣になっています。

考えてみれば、私自身、肝炎のみならず、肘部管症候群(去年)、自律神経失調症の一歩手前(30代)、自然気胸(20歳)、リュウマチ熱(2歳)、、ちょこちょこと病気を経験してきているので、「病気」や「健康」にはとても関心があります。

特に、今から10年ほど前、単身赴任生活をはじめると同時に体質改善のために、運動を始め、食事を変えてみたことがあります。

当時は身長188cmにして、66kgしかなかった体重が、1年で75kgまで増え、それまでよく風邪を引き、咳き込んで気管支炎になっていた体質も改善され、とても健康体になりました。

その間に肝炎を発病し、今に至っているのですが、「自分は健康体」という意識と、基本的な食生活、運動などはずっと続けているところです。

ここで、「健康」に関するおもしろい定義を手帳にメモってあったので、それを引用してみます。
以下、ジェームス・スキナー著『成功の9ステップ』より

成功の9ステップ - ジェームス・スキナー数年前、私は米国の海岸警備隊に勤務する有名な研修医のセミナーに参加する機会があった。そのセミナーで先生は、医学部で八年間の研究をし、病院でのインターンを重ね、数年間開業医としての経験を積んだ上で、「ただの一度たりとも健康という言葉の定義を聞いたことはない」と断言した。

医師はもともと病気の専門家である。ありとあらゆる病気の定義を持っている。しかし、健康のことともなれば、ほとんどは回答不能になってしまうだろう。

ほとんどの人は健康を「病気ではない状態」と定義している。しかしそれは、「馬は象ではない」と言うようなものだ。馬については何も知ることはならない。

ここで、健康という言葉をきちんと定義しておくことにしよう!

健康とはエネルギーである。それだけのことだ。自分の生活を送り、夢を追い求め、仕事をし、遊び、愛し、奉仕をする無限のエネルギーを持っていれば、それで健康である。疲れていたり、病気だったり、やつれていたりすれば、健康とは言えない。

 

このフレーズは、4年ほど前に出会ったのですが、「病気でない」=「健康」と思い込んでいた私にとっては、とても新鮮でした。

「病気でない」=「健康」すなわち「病気」=「健康でない」

という方程式は当てはまらなくなるわけです。

「健康=エネルギー」

たとえ何かの病気を持っていたとしても、心の持ちようなんだと!
前回の投稿でも書きましたが、まさに私の尊敬する中村天風さんの

人生は心一つの置きどころ

ってやつです。

日露戦争の時、諜報員として満州の地で死線をかいくぐりながらも、奔馬(ほんば)性結核で死にかけた天風さんが辿り着いた「積極的人生」の境地。

私自身も、何回か病気と付き合ってみて、心と体は密接にリンクしていると痛感しました。

次は、別の書籍から健康の定義に関するフレーズを引用してみます。

以下、高橋和巳著『自分を育てる』より

インドの伝承医学であるアーユルヴェーダでは、その古典『シュスルタ・サムヒタ』の中に「完全な健康状態」の定義が書かれている。それによれば、

「ドーシャという生理機能を司る三つの力のバランスがとれいていて、健康な食欲を持ち、消化と排便、排尿、発汗といった身体の排泄機能が完全で、その結果、五感が生き生きとして、心が喜びに満ちている状態
と定義される。

ドーシャは私たちにはなじみのない概念であるが、要は健康状態を定義し、病気とはこの定義からのずれであることを表現するための概念と考えてよい。漢方に陰陽・虚実のバランスという概念があるのと同じである。

 

専門用語が出てきましたが、やはり一番重要なところは、

「五感が生き生きとして、心が喜びに満ちている状態」

これが健康の定義です。

つまるところ、

健康=エネルギー

と同じことです。

病気、元気、やる気、根気、血気、怒気、天気、空気、雰囲気、、

病気になるにも元気になるにも、「気」って大事ですよね。

ここで「気」を辞書で引いてみます。

【気】き(大辞泉より)
[1] 生命•意識•心などの状態や働き。
 1) 息。呼吸。「—が詰まりそうな部屋」
 2) 意識。「—を失う」
 3) 物事に反応する心の働き。「—を静める」
 4) 精神の傾向。気質。「—が強い」
 5) 精神の盛り上がり。気勢。「復興の—がみなぎる」
 6) 気分。気持ち。「—が楽だ」「—が乗らない」
 7) あれこれ考える心の動き。心遣い。心配。「どうにも—になる」
 8) 物事にひきつけられたり、人を恋い慕ったりする気持ち。興味。関心。「彼女に—がある」
 9) 何かをしようとする、また何かしたいと思う心の動き。つもり。「どうする—だ」「やる—がある」
[2] 天地に生じる自然現象。空気•大気や、水蒸気などの気体。「山の—」
[3] あたりに漂う雰囲気。心に感じる周囲のようす。「陰鬱(いんうつ)な—が漂う」
[4] ある物がもっている特有の香りや風味。「—の抜けたビール」
[5] 昔、中国で1年を24分した一つの、15日間。さらに3分した一つを候といい、気は3候からなる。節気。

 

上記の辞書の意味を見てみても、私たちの心も体も、そして大自然も全て「気」に左右されています。

先ほど、

健康=エネルギー

と出てきましたが、
別の角度から見れば、

気=エネルギー

とも言えると思います。

ということは、その「気」をコントロールできれば、エネルギーに満ちた健康的な生活が送れるのではないかと。

最近、ちょっと体調を崩しがちになっている私自身、ちょっと原点に立ち返る必要があると思い、今回は「健康」をテーマに書いてみました。

特に梅雨時はただでさえ体調を崩しがち。

エネルギー(気)に満ちた日々を過ごすためにも、体に優しい食物を摂り、体を動かしながら、積極的な「気」持ちで、何事にも取り組んでいきたいなと思う今日この頃。

今日も全国的にぐずついた天「気」ですが、これも「気」の持ちよう。

No Rain, No Rainbow!

恵みの雨。
やまない雨はない。

今日もこんな感じで^^v


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ  ポチッと!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。