座右の銘

思い起こせばちょうど10年前の今日、このサナギブログを書き始めました。

最初はFC2ブログから始め、途中で sanagi.com というドメインを取得してWordPressに移行、訳もわからず独学で頑張ってたなぁ。感慨深いなぁ。

最近はめっきり更新しなくなりましたが、たまに過去記事を読み返してみては、「なかなかええこと書いとるやん!」とにやけたりもします。笑

そして懐かしく10年前の今日の最初の記事を読んでみると、今も変わらない自身の座右の銘が書いてありました。

人生は心一つの置きどころ

中村天風『運命を拓く』

思えばこの10年、幾度となくこの言葉を念頭に浮かべながら歩んで来たなぁとしみじみ。

10年前は、12歳だった長女は22歳、次女は10→20、長男は7→17、次男は5→15…

当時は「人生とは」なんて話は子どもたちとはできませんでしたが、今は普通にしていることに、10年という年月の厚みを感じます。

ところで、「座右の銘」の言葉の由来って知ってますか?
ちょっとググってみました。

「座右」とは、皇帝などが自分の右側の席に信頼できる補佐役を座らせたことからできた言葉で、「銘」とは、石や器に歴史上の人物の言葉を記したものだそうです。

ゆえに

「座右の銘」=「自分にとって重要な位置に置くほどの大切な言葉」

なんだそうです。

「言葉」って大事ですね。

ボチボチ、ブログも復活してみますかね。
明日になるとわからないけど。笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。