成長:人は未完成だから面白い

大自然:雪の結晶
一年で一番寒さが厳しくなる2月。
朝を迎える夜明け前の最も暗くなる時間に似て、命が芽吹く春を迎える前に、うんと冷え込む季節。

先週末の東京では45年ぶりとなる大雪で、大自然の前に人間の無力さを実感しました。

大自然といえば、単身赴任の私が暮らす街は新宿にほど近く、大自然の中で育った私には物足りませんが、ちょっと散歩してみると、そこそこ和む自然はいくらでもあります。

そんな我が街で、何か考え事をしたり気持ちを落ち着かせたいとき、必ず会いに行く大樹があります。

大樹
樹齢は何百年という、近くのお寺にある銀杏の木。

長い歴史をじっとここで見守ってきたこの大樹を見ると、自然と心の中のモヤモヤや怒り、悲しみが静かに沈殿していくのがわかります。
特に話しかけたり抱きしめたりする奇行はしませんが(笑、何やらホッとする時間と空間です。
こういうのをマイパワースポットというのでしょうか。

また逆に、人の手がかかった建造物やその過程をじっと観察するのも大好きです。
今日は用事で新宿まで出て、高層ビルを見上げながら、人の能力ってすごいなとつくづく考えました。
たかだか2m弱の生き物が、何百メートルという建物を造り、そこで快適に仕事をしたり、生活するようにするのです。

もちろんアリや鳥も巣を作りますが、本能的に同じようなものしか作りません。
でも人は違います。
より良いもの、より便利なもの、そしてより美しいものを造るために、失敗しても失敗しても熱心に研究します。

そんな高層ビルの谷間を歩きながら、ふと考えたことがあります。

「人の可能性ってすごいけど、未完成な生き物なんだな」と。

野に咲く花や木々、動物、川や海の魚たち、また鉱物までも、それぞれ影響を与えながらも、生態系の中できちっと自己完結しています。
特に人が手を加えなくても、その場でそのままに存在しています。

例えばイヌやネコや小鳥が綺麗なお月さまを見上げながら、あそこに行ってみたいなとは思わないでしょう。その必要がないからです。
特に向上心や野望などはなく、ただ本能のままに黙々と存在しています。

宇宙人がいるいないの話はおいておいて、まさに人だけが月にロケットを飛ばし、高層ビルを建て、川に橋を渡し、山にトンネルを掘ります。
そして、近頃のiPS細胞やSTAP細胞研究、さまざまな医療技術を見てみても、生命そのものにまでメスを入れています。

文化を形成し、文明を築いてきた歴史を見ても人の存在は他の鉱物や植物、動物などとの違いは明白です。

さらに人は、存在の意味や価値を見出そうと一生懸命に考える生き物でもあります。

人は未完成だから「もっとよく有りたい」「完成したい」という欲求に従って、科学を研究し哲学を探究しながら年を重ねているのだと思います。

では、「人の完成」とは何だろうかと考えたときに、これは人それぞれ違うのでしょうね。
本当に完成した人っているんでしょうか。
仙人のような悟りきった人か、逆にロボットのような人だったりして。

ここで、一つだけ言えることは、どんな状況であれ、その個人にとっては、結果として「死=完成」だと思うのです。

というより、そう考えると、どのような生き方をすべきかが自ずと見えてきます。

今、死んだとしても私の人生は完成度が高いか?
今、散ったとしても美しいか?

つまり、「今を生ききる」に尽きるのではないかと。

先日、アルピニストの野口健さんの講演を聴く機会がありました。
タイトルは「生きる」

落ちこぼれ中学生から登山家になったいきさつも面白かったですが、死と隣り合わせの危険な山を目の前にして、その瞬間を生ききるその生き様、そしてさまざまな活動の話を聴いて、心が震えました。

最後に、最近読んだ本にこんな事が書いてありました。
嫌われる勇気

健全な劣等感とは、他者との比較のなかで生まれるのではなく、「理想の自分」との比較から生まれるものです。

 

人に対しても、理想の自分に対しても、劣等感を抱いてしまうのは仕方がありません。人間ですから。

でもその感情をそのまま放置するのではなく、未完成から完成に向かう姿勢が大事だと思うのです。

たとえば、このブログの文章も未完成だと思います。
自分が完成だと思っても、ある人が読めば、もっとこういう表現がいいのではないかと指摘されるかも知れません。

でも文章でも人生でも自分が完成だと思えばそれで完成なのです。
もちろん、人の意見を聴いて、納得して修正することは多いに「あり」です。
より完成度を上げるために。

要は、
人の人生を生きていないか。
自分が納得する人生を歩んでいるか。

それを自問しながら、修正し、成長していく人生こそが面白い人生なのではないかと思う建国記念の日でありました。

今回は少し長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ  ポチッと!

 

2 thoughts on “成長:人は未完成だから面白い

  1. こんにちわ
    初めまして
    一番始めに開いたブログで知り合ったさなぎちゃんはどうしてるかしら!と検索してこちらにたどり着きました
    不思議なもので今の私の心境に何かピタッとくるものがあり、コメントさせていただこうと思いました
    上の写真は新宿の近くにあるお寺ですか?
    実家は東京ですが、こんな素敵な場所があるんですね
    昔はよく日枝神社に、今は実家の近くの八幡様に行きます
    確かに死ぬということを意識してみることで、今の生きるに新たな方向から光を与えることができるように思います
    またうかがいます

    1. Junkoさん、こんにちは。
      はじめまして。
      今回はこのブログを訪問してくださってありがとうございます。

      「一番始めに開いたブログで知り合ったさなぎちゃん」って私のことなのですか?
      すみません。記憶が定かではありません^^;

      この写真は、新宿から中野よりに向かう青梅街道沿いにある宝仙寺というお寺です。

      やっと春めいてきましたね。
      植物を見ていると、人にも生き物にも限りがあるんだなって実感できるときがあります。
      そんな有限のこの世において、自分の立つ場所、人間関係などを考えてみると、いろいろ冷静になれる時ってありますよね。
      そんな時間を大切にしたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。